はたけの倉庫
東陽株式会社

新潟県阿賀野市南沖山129番地3


肥料・有機肥料や培養土、
土壌改良材などの販売


 
0
4
3
8
9
7

施肥量計算方法

基本的な施肥量の計算式は、以下の通りです。
 

  [施肥量] X [チッソ成分] = [作物の肥料必要量]


・施肥量とは何でしょうか
 肥料を畑にまく量です。
 容積ではなく、主にキログラム(kg)表示が多いです。


・チッソ成分とは何でしょうか
 肥料の袋などに記載されている肥料成分のことです。
 多くの肥料には、肥料成分が記載されています。
   例: チッソ8% りん酸8% カリ8%
 その肥料には、チッソが何パーセント入っているか表示されています。
 ※チッソの表記は、「窒素」又は「N」と表記される場合もあります。


・作物の肥料必要量とは何でしょうか
 植物が育つ上で「これくらいの肥料の成分を与えてください」という目安です。
 各都道府県では、植物を育てるための指針があります。その指針に
 この肥料の目安が記載されています。
 施肥量は主にチッソ成分で計算されることが多いです。 

 
 

 

■例として、
以下は神奈川県のトマトの施肥基準です。
------------------------------------
 元肥必要チッソ量:15kg(10a当り)
------------------------------------


今、手元にある肥料は以下の肥料とします。
------------------------------------
 チッソ8% りん酸8% カリ8%
------------------------------------


この肥料のトマト元肥に必要な施肥量は以下になります。

 
 [施肥量] X [8%] = [15kg]
 
  ↓

 

 [187.5kg] X [8%] = [15kg]

 

■答え
トマト元肥に使用する、この8%肥料の施肥量は、「187.5kg」になります。

  

基本的な施肥量の計算は以上です。
しかし 各肥料の特性、各地域の気象条件、土壌条件、栽培方法などで
施肥量は倍以上変わる場合もあります。基本的には、各肥料袋などに記載の
施肥量の基準の範囲内でご利用ください。