本文へ移動

はたけの倉庫
東陽株式会社

新潟県阿賀野市南沖山129番地3


肥料・有機肥料や培養土、
土壌改良材などの販売


 
1
4
4
7
0
7

ニラ


● ニラ

 ・生育適温は、18〜20度くらい
 ・酸性土壌に弱いので、石灰を必ず施す
 ・排水性良い土壌を好むため、土の湿りには注意
 ・宿根草だから、一度植えると 毎年採れる
 












(1) 苗床の準備をする

(1)  苗床の準備をする

最初に、畑を十分に耕します。 次に、石灰や堆肥などを均一に畑にまき、よく耕します。



〜 約1週間後 〜
 

(2) 苗床の元肥を入れる

(2)  苗床の元肥を入れる

苦土石灰(2〜3握り/1m2当り)をまいてから、1週間後、元肥を施肥します。

肥料を均一にまいて、畑を耕し、うねを作ります。
土壌に肥料を均一に混ぜることが大切です。

(3) 種まき、マルチ

(3) 種まき、マルチ

苗床に溝を作り、種をまき、薄く覆土します。 種まきをしたら、透明なポリマルチを敷きます(乾燥防止/保温)。 発芽したら、マルチを取ります。
.

(4) 追肥

(4) 追肥

発芽したら ポリマルチを取り、間引きをして、条間に追肥を与えます。

(5) 定植先のはたけの準備をする

(5)  定植先のはたけの準備をする

最初に、畑を十分に耕します。 次に、苦土石灰(2〜3握り/1m2当り)や堆肥などを均一に畑にまき、よく耕します。 特にニラは酸性土壌に弱いので、石灰を必ず施す。


〜 約1週間後 〜
 

(6) 定植先のはたけに元肥を入れる

(6)  定植先のはたけに元肥を入れる

石灰をまいてから、1週間後、元肥を施肥します。

肥料を均一にまいて、畑を耕し、うねを作ります。
土壌に肥料を均一に混ぜることが大切です。

(7) 定植(植付け)

(7) 定植(植付け)

うねを右図のように作り、5〜6本をひとまとめに植える。 苗は、10cmくらいの深植えにする。

(8) 追肥

(8) 追肥

定植後、3週間くらいしたら追肥を株間に施す。 追肥は、適宜与えると良い。 追肥をしたら、土寄せをする。

(9) 花ニラ

(9) 花ニラ

花ニラが現れたら、早めに切り取る

(10) 収穫

(10) 収穫

株元から10cmほど残して、収穫する。 毎月収穫できるが、秋になったら収穫を止めて株を休ませる。
TOPへ戻る