本文へ移動

はたけの倉庫
東陽株式会社

新潟県阿賀野市南沖山129番地3


肥料・有機肥料や培養土、
土壌改良材などの販売


 
0
5
6
9
1
6

団粒構造1

 ・団粒構造

  土壌の各粒子が結合して、団子の状態を形成する。他にも多くの団子状のものが作られ、
  各団子が互いに接触して団粒構造が出来上がる。

  団粒内部は 毛管孔隙(小さな隙間)ができ、団粒外部は非毛管孔隙ができる。
  これにより保水性や透水性、通気性を兼ね備えた良好な土壌が出来上がる。
  そのため土壌の生産力は高くなり、植物の生育は良好になる。

  植物の生育には、土壌は必要ない。 植物に必要な物は、水や空気、
  その他必須元素が必要である。 土壌は「良好な保水性」や「肥料の保持/供給」、
  「酸素」、「根の保護」などを植物に供給する為の媒体としての役割を担っている。



TOPへ戻る