土壌とは

 ・土壌とは

  地球上で、動物や植物、昆虫、微生物などの食物連鎖による活動によって
  影響を受けている陸地、地表をいいます。



  一般的には、自然界で植物が根を張り体を支えるところを土壌と呼びます。
  土壌には多くの種類があり、岩石によるものや砂、粘土、泥炭(植物遺体)、
  火山灰土やその他の有機物によるものなど多くあります。

  実は 植物の生育には、土壌は必要ありません。 植物に必要な物は、
  水や空気、その他必須元素が必要なのです。

  土壌は、植物の生育に必要な「水分」や「栄養分」を植物に供給する為の
  ”媒体”としての役割を担っているのです。