肥料とは

 ・肥料とは

肥料とは、植物が生育する為に必要な栄養分、不足すると生育が芳しくない栄養分として、人が施すものを言います。 肥料には、肥料取締法という法律があります。(販売する事を前提とした場合に、この法律が適用されます)

法律上では、肥料とは下記の通り規定されています。
 1) 植物の栄養に供することを目的として土地に施される物
 2) 植物の栽培に資するため土壌に化学的変化をもたらすことを目的として土地に施される物
 3) 植物の栄養に供することを目的として植物に施される物

要するに、人が植物の生育の為に与える栄養分の事を「肥料」と呼びます。