本文へ移動

はたけの倉庫
東陽株式会社

新潟県阿賀野市南沖山129番地3


肥料・有機肥料や培養土、
土壌改良材などの販売


 
1
4
4
7
1
3

かぼちゃ


● かぼちゃ

 ・ビタミンAやカロチンを多く含んだ健康野菜
 ・日当たり良く、排水良い土壌を好む
 ・肥料をあまり必要としないので、多くやり過ぎると
  実りが悪くなるので注意が必要
 












(1) 種まき / 間引き

(1) 種まき / 間引き

種まき前に、種を一晩水に浸けると発芽しやすい。

ポリポット等に 土を入れて、灌水する。 その後に種をまき、薄く覆土する。 発芽し、本葉が出てきたら間引きをする。 1ポットに1株に間引く。

(2) はたけの準備をする

(2) はたけの準備をする

最初に、畑を十分に耕します。
次に、苦土石灰(1握り/1m2当り)や堆肥などを均一に畑にまき、よく耕します。 ここの手を抜くと、後々の生育に影響します。



〜 約1週間後 〜
 

(3) 元肥を入れる

(3) 元肥を入れる

石灰をまいてから、1週間後、元肥を施肥します。

肥料を均一にまいて、畑を耕し、うねを作ります。
土壌に肥料を均一に混ぜることが大切です。

(4) 植付け

(4) 植付け

本葉が4〜5枚になったら、畑に定植する。 株元がぐらつかないよう、土を株元に寄せて安定させる。

(5) 整枝

(5) 整枝

大きく育ってきたら、親づると子づるの2本を伸ばし、2本立ちに仕立てる。 不要な子づるや孫づるは摘み取る。

(6) 人工受粉

(6) 人工受粉

花芽を付けたら、人工受粉をする。 雄花を花弁ごと摘んで、雌花の中心に 雄花を付け、花粉を付けて受粉させる。
早朝に 受粉させると良い。

(7) 追肥

(7) 追肥

着果したら、株元に追肥をする。 肥料をまいたら、必ず土をかぶせる。

(8) 収穫

(8) 収穫

皮が硬くなり、表面の色つやが無くなり、つるにヒビが入ってきたら、収穫時期。 日本かぼちゃは、表面に白い粉が出てくる。 西洋かぼちゃは、亀裂(縞模様)が出てくる。
TOPへ戻る