本文へ移動

はたけの倉庫
東陽株式会社

新潟県阿賀野市南沖山129番地3


肥料・有機肥料や培養土、
土壌改良材などの販売


 
1
7
1
4
9
7

ホウレン草


● ホウレン草

  ・生育適温は15度〜20度
   低温に強く0度でも生育するが、暑さに弱く25℃以上は
   生育不良となる
  ・収穫は草丈20〜25cmほど
  ・春はとう立ちしやすいので、初心者は秋まきがお勧め
  ・アルカリ土壌を好むので、必ず石灰を使用する
 










(1) はたけの準備をする

(1) はたけの準備をする

最初に、畑を十分に耕します。
次に、石灰や堆肥などを均一に畑にまき、よく耕します。 ここの手を抜くと、後々の生育に影響します。

※ ホウレン草は、アルカリ性 又は中性の土壌を好みます。 充分に、石灰(苦土石灰など)を施肥して、pHを高くします。
(目安として苦土石灰5〜6握り1m2当り与えると良いでしょう)


〜 約1週間後 〜
 

(2) 元肥を与える

(2) 元肥を与える

石灰をまいてから、1週間後、元肥を施肥します。

肥料を均一にまいて、畑を耕し、うねを作ります。
土壌に肥料を均一に混ぜることが大切です。

(3) 種まき

(3) 種まきをする

ベッド床に2条まき(10〜15cm間隔)で、種まきをする。 覆土(種の上に土をかける)は、約0.5cmぐらいに薄くかけ、その後は水やりをする。

※種は 一晩水に浸けると、発芽しやすくなります

間引き

(4) 間引き

1回目の間引き
発芽したら、「本葉1枚〜2枚の頃」に間引きします

2回目の間引き
次に、「3枚〜4枚の頃」に間引きします

最終的に 株間が5〜6cmになるようにします。
間引いたら、追肥を行います (多施肥に注意)

 

追肥

(5) 追肥

 

間引きしたら、その都度 条間または株間に追肥をする。 追肥をしたら、中耕、土寄せする。
 

トンネル

(6) トンネル
 
冬時期は、ビニールトンネルなどで防寒すると、良質な物が収穫できる

収穫

(7) 収穫

本葉が5、6枚(草丈が約20cm)になったら、収穫します。 株元を包丁やナイフで切り取り、収穫します。
TOPへ戻る