硝酸化成作用

 ・硝酸化成作用

  アンモニア態窒素が硝酸態チッソに変化する作用の事。


  アンモニア態窒素は硝酸化成菌の働きで硝酸態チッソに分解される。
  その後、硝酸態チッソは速やかに植物の根に吸収される。
  硝酸態チッソの前に 亜硝酸態チッソに分解されているが、通常は
  土壌に蓄積はされずに、即 硝酸態チッソに変化する。

  窒素肥料が植物に吸収されるまでの分解過程はこちらを参照