脱窒

 ・脱窒

  肥料成分が気化して、土壌や堆肥などから 無くなる事。


  硝酸態窒素が脱窒菌の働きにより、亜酸化窒素を経て窒素ガスになり、大気中に
  窒素成分が逃げてしまう事を言う。比較的有機物が多いと脱窒が多く進む。
  脱窒が進むと、植物は窒素肥料不足となり生育が不安定になる。